HOME › スタッフブログ › グローブ

スタッフブログ

しん…。

2009年1月23日

どーもです。

本日、ちょっとした時間でこんな新グローブを

作ってみました。(作りかけなんですが…。)

一応冬用なんですが防寒ではありません。

ちょっと違う考え方で作ってみたのですが…。

株式会社大熊 革ジャケットのネット販売

今のところどのくらい寒くないかがわかりません。

防寒はナイロン系を使ってもらうとして、

これはあくまで革グローブ好きな人向けで

企画してます。

後は下側を付ければ形的には完成なのですが

明日から天候不順の為テストが出来ない感じ

です(T_T)。

テスト結果はまた後日にでも…。

本日はここまで。

ではでは。

軽いぞ…。

2008年8月 1日

どーもです。

今週はグローブネタばかりです。

さて、これ↓は何の革でしょうか?

①サッカーとかでは意外と有名。

②レザースーツとかにも使われていますが、ここ日本では

この革を全面には使えない。

③特定の場所でしか捕獲できない種類。

です。

さてさて、その答えは…。

カンガルーさんです。

カンガルーの革はオーストラリア特産であり、大きな特徴

としてはコラーゲン繊維の束が表層から内部まで緻密な

層となって重なり、繊維が微小なカールをしている上に、

エラスチンという弾力素が均一に分布しています。

これがカンガルー革の軽くて強度がある理由です。

軽量で高い強度を要求されるサッカー等の競技用

スパイクシューズなどに使用される事からもわかる様に、

仔牛のカーフよりも、しなやかで強靭な革なのです。

オーストラリアで生産されるカンガルー革のうち約8割は

サッカー等のスパイクシューズの生産分に回されると

言います。

で、残りをほかの業種で取り合いますので、欠点としては

革の値段が高いところと入荷量が少ないって所です。

でもグローブの手のひら側に使えばやわらかくて、なおかつ

強度も保てるという一石二鳥の素材なのです。

グローブでもレザースーツでもこの素材をふんだんに使って

作れればいいのですが補修の効かないめっちゃ高い

レザースーツ、買いたいですか?ここも問題です。

で、です。

今開発中の新型○○○…なのです。

この件はそのうちいずれかですね。

本日はここまで。

ではでは。

キラーん…。

2008年7月31日

どーもです。

革からグローブの形を抜くための型の一部であります。

上側の物は19mm両刃でして、裏返しにすれば反対側の

形が抜けるようになっています。

これで、左右対称の商品が出来上がります。

下側の物は19mm片刃ですので、上側には刃がありません。

これらの抜き型ですが、素材の金属部分はリアサス

ペンション等でとても有名なオーリンズ製のスプリングと

一緒だったり、モンキーレンチを発明したBAHCO製の

モンキーレンチも素材はスウェーデン鋼だったりします。

スウェーデン鋼の成分にはリンや硫黄などの不純物成分が

極めて少ない金属だそうです。

リン成分が多いと冷間脆性、寒い時に鋼を脆くし、硫黄成分が

多いと赤熱状態の時に鋼を脆くしてしまう性質があると

いわれています。

詳しくは金属が好きな人がいれば聞いてみてください。

今の抜き型の主流はスウェーデン鋼ですが、その昔は

日本刀を作る工程とほぼ一緒の火造り抜き型があります。

時間とコストがかかる為に、今は最初から刃が付いている

スウェーデン鋼の抜き型になってしまっているようですよ。

本日はここまで。

ではでは。

凹…。

2008年7月25日

どーもです。

本日、ちょこっと凹んでいます。

良かれと思った事が裏目に出ると、ほんと凹みます。

まぁ~いいっちゃ、いいんですけどねっ!

さて、愚痴は書かないようにしてですね、本日のお仕事です。

これ、↓型を抜いて残った牛の革であります。

でもこれの大きさは牛のだいたい1/5ぐらいの大きさ

でして、元々の大きさは285d/sとなっていました。

牛革の大きさとしては平均位でしょうか。

こーゆー残っている所が、もったいないんですよねぇ~。

真ん中の穴は傷でオープンスクラッチという傷になります。

その下の線みたいのもオープンスクラッチの一種であります。

以前に言ってたのはオールドスクラッチと言いまして

直った怪我の跡と言う訳です。

このレザーグローブの型抜きをした訳ですが、ちょっと

変わった形です。

この型抜きをしましたグローブは車椅子の方が使います

グローブへとこれから変わって行きます。

まだ、これ以外にもちょこっと仕事が残っていますので、

残りはまた月曜日となる感じです。

今日はこれから、ぽ~にょぽにょぽにょ…です。

本日はここまで。

ではでは。

高っ…。

2008年7月24日

どーもです。

今日から鈴鹿では8耐の予選がはじまりましたね。

例のグローブ、メーカーさんの契約ライダーさんが何人か

使ってくれるそうです。

どんなインプレが聞けるかが楽しみです。

ちょっと前に気がついたのですが、例のグローブを渡されたライダー

さんのHPにはズバッと載っていましたが、いいのかなぁ~…(^_^;)

まぁ~、暇がある方はその方のHP、探してみてください。

さてお話は変わりますが、本日ですが、とあるめちゃめちゃ

有名なメーカーさんのグローブの試作品を2点ばかり

発送いたしました。

形はロードレースに使うようなすごく凝ったものではなく、ほんと

ふつーのグローブ。

出荷した形は個人的には好きなグローブですので、向こうの

メーカーさんに採用されればいいのですがこのメーカーさんの

拘りがチョーパンパないっす。

廃番となっている海外のファスナーメーカーさんから版権を買い

取ったりとか、ビンテージのフライトジャケットバラしちゃうとか…。

まだ直接はお会いしていませんが、その拘り方がちょっと心配

なのです。(((゜д゜;)))

弊社にとってはその拘り方から何か1つでも勉強が出来れば

いいなぁーとは思っていますが…。

さてさて、今後はどうなる事やら、楽しみです。

本日はここまで。

ではでは。

‹ 前へ 1  2  3  4  5  6